Ranking@RAG
音楽・アーティストランキング
menusearch

人気のジブリ曲ランキング【2019】

スタジオジブリの映画やアニメ内で使用された、人気の楽曲を集めたソングリストです。

ドラマチックなものから、温かみ溢れる優しいインストナンバー、子供たちに愛されるかわいい歌モノまで、ジブリを代表する曲ばかりです。

音楽でたっぷりジブリの世界にひたってください。

もくじ

ランキング 1位〜10位

1位|ふたたび平原綾香

「千と千尋の神隠し」のイメージソング。

作曲はもちろん久石譲です。

この方なくしてジブリ音楽は語れませんよね。

平原綾香の歌声はどこまでも広がっていくようで、まさにこの曲にぴったりでしょう。

懐かしい気持ち、暖かい気持ち、切ない気持ち、いろいろな気持ちを感じさせてくれるジブリ音楽をたくさん聴いてみましょう!

2位|いつも何度でも木村弓

ジブリで有名な曲のひとつですね。

みなさんもご存じ「千と千尋の神隠し」主題歌です。

楽器バージョン、ソロ、合唱……。

さまざまなバージョンがあります。

老若男女誰でも簡単に歌えてしまうのがジブリ音楽らしくて、みんなで楽しめる1曲ですね。

3位|いのちの名前久石譲

千尋がハクにおにぎりをもらって、緊張の糸が切れて大粒の涙をこぼすという特にファンが多いシーンです。

「千と千尋の神隠し」の中でも隠れた名曲として名高いです。

1人でずっと心細かった千の気持ちが、優しさによって開放されていくイメージを起こさせます。

4位|世界の約束倍賞千恵子

木村拓哉が声優を担当したことで大人気を博した「ハウルの動く城」。

この曲はもしかするとマイナーに位置するかもしれませんが、合唱の楽譜もあるくらいなので愛され度は高いはず!

やさしい3拍子のメロディーが、ジブリの世界観をさらに美しくするよいアクセントになっていますね。

5位|もののけ姫米良美一

「もののけ姫」主題歌です。

こんなにも物語を飾る美しい旋律はどこから湧いてくるのでしょうね……。

しっとりとしたバラードですが、認知度は高く、誰もが聴き入ってしまう曲です。

「歌うレパートリーがなくなってきたな」と思ったときに思い切って入れてみてはいかがでしょうか?

6位|やさしさに包まれたなら荒井由実

「魔女の宅急便」が終わってエンドロール、さまざまなキャラクターが登場するバックに流れているのがこの曲です。

途中、ハラハラする展開があるからこそ最後のこのユーミンの歌声が癒されるんですよね。

どの年代の人でも知っている場合が多いので、カラオケでジブリを歌うならオススメです。

7位|風になるつじあやの

「猫の恩返し」の内容にマッチしたアップテンポの曲調がとても人気で、すぐにさまざまな楽器の楽譜が出ましたね。

どんな編成にしても誰からも親しまれる楽曲です。

ぜひカラオケでも合いの手を入れてもらいながら歌ってみてくださいね。

8位|めぐる季節井上あずみ

「魔女の宅急便」のイメージソングです。

ゆったりした曲の感じが、聴き手の心をぐっと掴んでくれる1曲ですね。

9位|海の見える街

魔女の宅急便の音楽といえばこれ「海の見える街」ですね。

壮大なオーケストラ曲でありながらかわいさも感じるステキな一曲ですね!

聴いているだけでアニメのシーンはもちろんノスタルジックな街並みの情景が浮かんできます。

今作品のほとんどをジブリ作品でおなじみの久石譲が担当しています。

気になった方、ファンの方はサウンドトラックも要チェックです!

10位|ひこうき雲荒井由実

「風立ちぬ」の主題歌。

やはりジブリには松任谷由実なのでしょうか。

「魔女の宅急便」同様、物語の雰囲気に見事にマッチしていて驚きですよね。

歌いやすくてカラオケにもオススメなので「ジブリの曲を歌おう!」と思い立った際にはぜひ歌ってみてくださいね。

ランキング 11位〜50位

11位|ルージュの伝言荒井由実

物語のはじめ、タイトルが出る直前のあまりに有名なワンシーン。

キキがラジオをつけるようにジジに頼み、そのラジオから流れてくるのがこの曲ですね。

前奏を聴いただけで「今から冒険が始まる!!」というワクワク感が湧き上がりますよね。

12位|あの夏へ久石譲

「千と千尋の神隠し」挿入歌。

夏に聴きたくなる曲。

ピアノの音色とどこか切ないメロディーにだんだん引き込まれて、気づいた時には聴き入ってしまっています。

青春時代に過ごしたあの夏の淡い思い出が頭に流れ、目頭を熱くさせ、胸がキュッとなる1曲です。

13位|君をのせて井上あずみ

ほかのジブリ作品に比べ「すがすがしい気持ちで終わる」というよりは考えさせられる部分が多い物語ですよね。

そんな作品と見事にマッチしたこちらのシリアスな雰囲気の曲は「天空の城ラピュタ」エンディングソングです。

懐かしくてカラオケで歌う方も多いのではないでしょうか?

14位|カントリー・ロード本名陽子

「耳をすませば」エンディングテーマであり主題歌です。

原曲は作品のオープニングテーマでもあるJohn Denverの「Take Me Home, Country Roads」です。

作中において主人公の雫がこの日本語詞をつけたという設定、日本語詞作成の過程での出会いから物語が始まるといったことから作品内の重要なキーと言える1曲です。

15位|テルーの唄手嶌葵

「ゲド戦記」の世界観そのままに最初から最後までとても寂しく悲しい旋律が続きますが、とてもよい歌なのでオススメです。

手嶌葵の素朴な歌い方もストーリーの雰囲気と非常によくマッチしていますね。

カラオケで歌う際にはぜひビブラートをかけたりせず、ありのままの声で歌ってください。

16位|いのちの記憶二階堂和美

命について、その重さや大切さをさまざまな角度から教えてくれるジブリ映画らしい楽曲ですね。

こちらは「かぐや姫の物語」主題歌です。

カラオケはもちろん、子どもたちにそっと歌ってあげてほしい1曲です。

17位|さよならの夏 〜コクリコ坂から〜手嶌葵

「コクリコ坂から」主題歌。

子どもに絵本を読み聴かせるような、やさしい歌が心にしみる曲ですね。

表現力に自信がないとなかなか難易度が高いですが、カラオケにオススメの1曲です。

締めの曲に困ったとき、こっそり選んでみんなの涙を誘うのもよいかもしれませんね。

18位|となりのトトロ井上あずみ

曲名からもわかるように「となりのトトロ」の主題歌、エンディングテーマです。

子どもにしか見ることのできない妖精「トトロ」とそれに遭遇した姉妹によって展開されていく物語であり、作品の濃密な内容を凝縮したような歌詞ですね。

19位|晴れた日に久石譲

遠い家族を思いながらも、自分が過ごしている町の美しさも好き。

「魔女の宅急便」の主人公のキキが、晴れた日にさまざまな思いに駆られながらも目の前の日々を過ごして行こうと思っている気持ちが伝わります。

飛行船のキャッチーシーンでも有名ですね。

20位|崖の上のポニョ大橋のぞみ

一世をふうびしたこの曲、「崖の上のポニョ」主題歌です。

大橋のぞみはこの曲で一躍有名になりましたが、のちに芸能界を引退しましたね。

一度聴いたら絶対に忘れない、頭から離れないメロディーとリズムが大人気!

カラオケで盛り上がることまちがいなしですね!

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます