Ranking
素敵な音楽ランキング
search

人気の卒業ソングランキング【2024】

卒業ソングランキングから視聴回数が多い順に月間ランキングトップ100を一挙に紹介します!

卒業シーズンはおめでたい反面、友人や職場の仲間や上司との別れなどさみしいこともあります。

卒業ソングは別れを惜しむ曲や、感謝を伝える曲などストレートに心にしみる名曲がたくさんあります。

送別会の余興で歌をプレゼントするという方も、ぜひ参考にしてみてください。

プレイリストも毎週更新中です!

人気の卒業ソングランキング【2024】

サザンカSEKAI NO OWARI

「頑張れ!」という直接的な言葉じゃなくても、そっと背中を押してくれるような、SEKAI NO OWARIが歌う「サザンカ」。

彼らの12枚目のシングル曲で、2018年に開催された「平昌オリンピック、パラリンピック」のNHK公式テーマソングに起用されました!

一緒に頑張ってきた仲間をそっとやさしく送り出すのにぴったりの名曲ですよね。

タイトルのサザンカの花言葉は「ひたむきさ」や「困難に打ち勝つ」。

これからどんな困難が待ち受けていても、夢をあきらめずにという思いが歌詞に込められているので、ぜひ注目してみてくださいね!

みやび

風のたよりtayori

ボーカルのisuiさんと、曲を作るtazuneruさんとrakuさんからなる音楽ユニットのtayoriが奏でる、未来に向けた歩みを描いた楽曲です。

積み重ねた思い出を振り返る様子、それぞれの未来へと踏み出していく姿を表現した歌詞が卒業の場面にもピッタリですね。

サウンドのスピード感、サビに向かっての壮大な展開など、全体的にさわやかな雰囲気が感じられます。

積み重ねた思い出を胸に前へと進もうとする歌詞と、このさわやかなサウンドの重なりが、それぞれの未来が幸せであることを願うようなポジティブな感情をイメージさせる楽曲ですね。

河童巻き

ChessboardOfficial髭男dism

Official髭男dismさんの『Chessboard』は、2023年にリリースされた楽曲で、人生や日常をチェスボードで例え、ルールのない世界で足場を固めながら歩んでいく様子を描いています。

タクトを振るようなメロディと繊細な歌詞が織り成すハーモニーは、送別会などの新たな旅立ちを迎える人々にとってぴったり。

包み込むような温かみと希望を感じさせるOfficial髭男dismさんの楽曲は、別れのときのBGMに最適です。

過去への感謝と、未来へのエールを込めた『Chessboard』は、きっと大事な瞬間を彩るのに役立つはずです。

RAG MUSIC 編集部

6才のうた三浦香南子

『6才のうた』というタイトル、まさに卒園式や謝恩会にぴったりですね。

友達や先生だけではなく、おかあさんやおとうさんに向けて書かれた歌詞が、保護者のみなさんに胸に刺さること間違いなしです。

もはやズルいとさえ思うほどの歌詞に感動必須です。

今にも鼻をすする声が聞こえそうです。

村上真平

紡ぐとた

心強くも暖かいメロディーが、新たな旅立ちを祝福するかのように響きます。

『紡ぐ』はそんなひとときを彩るための楽曲です。

とたさんの裏に隠さない透明感ある歌声が、歌詞一つ一つの言葉に感情を吹き込み、卒業という重要な節目に相応しい重みとしなやかさをもたらしています。

人生の新章を歩み始める卒業生たちの背中を押し、まだ見ぬ未来への希望を照らす光となるでしょう。

感謝や支援の想いを込めて卒業の記念に贈るなら、この曲を選ぶことをオススメします。

RAG MUSIC 編集部