Ranking@RAG
音楽・アーティストランキング
menusearch

カラオケで盛り上がる曲ランキング【2019】

カラオケでの選曲に頭を悩ませたことありませんか?

歌いやすく、ウケが良い曲を選ぶことも大事ですが、やはり大好きなセンスの曲を選ぶことが大切です。

ここではきっと盛り上がる、いい曲が見つかると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

もくじ

ランキング 1位〜10位

1位|かわEヤバイTシャツ屋さん

若者から多くの共感を得ているユーモアたっぷりの歌詞が魅力です。

この曲もそんな彼らの魅力がたっぷり詰まっています。

かわいいを「かわE」と表記するポップさや、飾らない関西弁でつづられた歌詞には親近感があり、楽しく歌えますね。

2位|男女太郎

男女の並び方をリズミカルに歌っているだけの曲なのですが、ノリの良いリズムでクセになってしまうこの「男女」。

本当に、歌詞のほとんどが男と女だけなので、知らない人でも一瞬で歌えるようになると思います。

3位|ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-矢島美容室

とんねるずとDJ OZMAが組んだユニットです。

アメリカネバダ州出身の、美容室をいとなむ家族として日本でデビューしました。

記念すべき1作目で、大ヒットを飛ばして日本中の人気者となりました。

うけるポイントは、パロディでいろいろな曲の要素が入っていて笑えるのです。

4位|ヘーコキましたねMEN’S 5

出だしの歌詞は、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

おならをしてしまったことをきっかけに繰り広げられる歌詞は、少し下品ですがどうしても笑ってしまいます(笑)。

おならのことをこんなに奇麗なハーモニーで歌っていることがさらに笑いを誘います。

5位|みかんのうたSEX MACHINEGUNS

この曲は少し歌唱難易度が高く、上手に歌うことは難しいかもしれません。

でも安心してください、この曲は高音が全然出てないのに必死に歌う姿こそ笑ってもらえる曲なのです。

そこに歌詞のおもしろさが乗っかってくるので、笑いの瞬発性はかなり高いです。

6位|One Night Cranival氣志團

この曲は、氣志團のシングル楽曲。

「俺んとこ来ないか?」というセリフから始まり当時流行したパラパラ風の振付で歌うノリのいい曲で日本でのカラオケ定番曲のひとつです。

歌からでも、踊りからでも、コスプレからでも笑いが取りやすい曲といえます。

途中のセリフ部分をアドリブでやってみるのも楽しいかもしれません。

なりきってくださいね。

7位|Lemon米津玄師

J-POPシーンを牽引し、CMや紅白歌合戦でも大きな話題となっている米津玄師の楽曲。

ゆったりめのテンポなので歌いやすい曲ですが世代を問わずに知名度が高いので、若い世代と行くカラオケはもちろん、同世代とのカラオケでも盛り上がる1曲です。

8位|YES MAX打首獄門同好会

打首獄門同好会もカラオケのネタ曲にぴったり。

この「YES MAX」はエースコックのカップ麺「スーパーカップ」とコラボレーションした楽曲で、へんてこな歌詞が話題になりました。

笑えるミュージックビデオも必見です!

9位|俺ら東京さ行ぐだ吉幾三

1984年に吉幾三が作詞作曲を手掛けた大ヒットソングです。

東北なまりの歌詞がおもしろいので、カラオケでウケるオススメの歌です。

歌う人にあわせて替え歌にしてもおもしろいので、アレンジしてみんなで盛り上がる曲です。

10位|TimberPitbull ft. Ke$ha

アメリカのラッパーのPitbullと、アーティストのKeshaによるコラボレーション。

2013年にリリースされ、世界各国のチャートでNo.1を獲得しました。

Lee Oskarの1978年のトラック「San Francisco Bay」からインスパイアされています。

おすすめの記事あわせて読みたい