Ranking
素敵な音楽ランキング
search
子供の歌ランキング【2024】
最終更新:

子供の歌ランキング【2024】

今年流行した「子供の歌」のランキングです。

昔から聴かれ続けている伝統的な民謡や童謡に加え、新たに子どもたちをとりこにした最新曲もランクインしていますね!

今年最も多く聴かれた曲をランキング順に紹介します!

もくじ

子供の歌ランキング【2024】

6才のうた三浦香南子

『6才のうた』というタイトル、まさに卒園式や謝恩会にぴったりですね。

友達や先生だけではなく、おかあさんやおとうさんに向けて書かれた歌詞が、保護者のみなさんに胸に刺さること間違いなしです。

もはやズルいとさえ思うほどの歌詞に感動必須です。

今にも鼻をすする声が聞こえそうです。

村上真平

ありがとう作詞・作曲:宮地雅彦

育ててもらった感謝を伝えるために、卒園式でよく歌われているのが『ありがとう』です。

この楽曲の特徴は、センチメンタルなメロディーと、真っすぐな歌詞です。

歌詞は、難しい表現をせず、ストレートに感謝を伝える内容に仕上がっていますよ。

そのため、歌えば必ず両親の心に刺さるはずです。

ちなみに、この楽曲には、秋川雅史さんがアレンジしたピアノ演奏のバージョンもあるんです。

雰囲気が違うので、お好みの方を選んでみましょう。

山本

おおきくなったよ作詞・作曲:入倉都

シンガーソングライターの入倉都さんが、作詞作曲を手掛けた卒園ソングです。

『おおきくなったよ』は2016年に発売され、幼稚園や保育園の卒園式に演奏されています。

大きな制服を着ておぼつかない足取りで登園していた子供たちも、気づけば立派な年長さん。

大きな声で友達やお父さん、お母さん、先生への感謝の歌を歌えるまでに成長しました。

先生の名前を当てはめる途中の歌詞を式で聴けば、先生たちはきっと涙が止まらなくなることでしょう。

ゆり

ずっとともだち作詞・作曲:まみよ

シンガーソングライターとして、舞台の劇中歌などさまざまなジャンルの音楽を手掛けるまみよさんの楽曲です。

合唱曲らしいイントロから始まり、入園式の思い出や円で過ごした日々、卒園を迎え大きく成長した今の様子までが、感動的なメロディーと歌詞でつづられています。

現役の幼稚園の先生たちからは「最初のメロディーだけで涙があふれた」「今年の卒園式でぜひ歌いたい」などの声が寄せられています。

最後が「きっとまた会おうね」と締めくくられているのもすてきですよね。

ゆり

てをつなごう作詞・作曲:槇原敬之

槇原敬之さんが作詞・作曲した『てをつなごう』は東日本大震災のあとに「てをつなごうプロジェクト」の一環として作られました。

ムービーではさまざまなキャラクターが手をつないでいます。

子供たちが大好きなキャラクターが、こんなにたくさん登場して手をつなぐことは珍しいのではないでしょうか?

手をつなぐことや友達になることの大切さや優しさを歌ったこの楽曲は、今の時代の子供たちにも伝えたいメッセージです。

たくさん練習して発表するのもいいですね!

塚田萌

続きを読む
続きを読む