Ranking
素敵な音楽ランキング
search

子供の歌ランキング【2024】

今年流行した「子供の歌」のランキングです。

昔から聴かれ続けている伝統的な民謡や童謡に加え、新たに子どもたちをとりこにした最新曲もランクインしていますね!

今年最も多く聴かれた曲をランキング順に紹介します!

子供の歌ランキング【2024】

チョコレーションTensions

高校の同級生であるkeiさんとmeiさんの音楽ユニットTensionsによるチョコレートにまつわるエピソードが描かれた楽曲です。

チョコレートと恋心の苦さと甘さについてが表現されており、バレンタインデーの空気感も伝わってきますね。

浮遊感の強い軽やかなサウンドも印象的で、歌声の軽やかさやかわいらしい雰囲気が強調されているようにも感じられます。

恋にまつわるさまざまな感情の動きがまっすぐに描かれており、時間がたつにつれて大きくなっていく思いとともに、不安も感じている姿が表現されています。

感情がまとまらない様子、それでも思いを伝えようとする、かわいらしい決意のようなものも感じられる楽曲ですね。

河童巻き

さよならぼくたちのようちえん作詞:新沢としひこ/作曲:島筒英夫

卒園ソングの定番としておなじみの『さよならぼくたちのようちえん・ほいくえん』は、もともと保育者向けの雑誌『幼児の指導』で発表された楽曲です。

制作した新沢としひこさんが自身のアルバムに収録したあと、口コミで評判が広がり、現在では全国各地の幼稚園や保育園で歌われています。

風邪を引いたり、転んでケガをしたり、親御さんにとっては心配なこともたくさんあったであろう、幼稚園生活。

子供たちが歌いながら振り返る姿は、涙なしでは見られませんね。

ゆり

おひなさまかざりましょう作詞:新沢としひこ/作曲:細田真衣子

家族でおひなさまを飾るほほえましい光景が描かれた『おひなさまかざりましょう』。

歌詞は『にじ』や『世界中のこどもたちが』を作詞した、新沢としひこさんが手がけています。

子供だったお母さんから自分の子供へ、そしてその子が大人になったときにはまた自分の子供へと、どんどんひな祭りの行事を受け継いでいく様子にほっこりさせられます。

おうちでおひなさまを飾るときに、ぜひこの歌を聴いたり歌ったりしながら作業してみてくださいね。

SAKI

テルーの唄手嶌葵

『テルーの唄』は、ジブリ映画『ゲド戦記』の劇中挿入歌です。

主題歌の『時の歌』とともに彼女の名声を押し上げた1曲ですね。

手嶌葵さんのささやくような歌声で紡がれるこの曲は子守唄にもオススメ!

スローテンポで歌いやすいので、お母さんが歌って聴かせてあげる曲としてもぴったりです。

手嶌葵さんのように歌うのは難しいかもしれませんが、もともとがやさしいメロディーなので、安心するお母さんの声で聴けばお子さんもスヤスヤと眠ってくれるのではないでしょうか。

ささしな

十月十日KingrassHoppers

愛する我が子へ真っすぐに向けられた愛情が伝わってくる、心温まるラブソングです。

音楽グループKingrassHoppersによる楽曲で、2012年にリリースされたアルバム『SHOW ME』に収録されています。

飾らない言葉一つひとつに心が揺さぶられますね。

自分の子供に対してこういう風に思っている保護者の方は多いことでしょう。

ストリングスとピアノの美しい音色が響く、壮大なサウンドも印象的。

ぜひとも親子で聴いて、お互いの存在の大切さを確認し合いましょう。

荒木若干