Ranking
素敵な音楽ランキング
search
三橋美智也の人気曲ランキング【2024】
最終更新:

三橋美智也の人気曲ランキング【2024】

10代のときから民謡界で注目され、1954年に「酒の苦さよ」で本格デビューをした三橋美智也さんの代表曲は?

……と質問されれば、「正解」が多すぎて答えるの困ります。

それだけヒット曲が多いことでも知られ、1996年に亡くなって以降も、その曲は多くの人々の心に残り、歌い継がています。

三橋美智也の人気曲ランキング【2024】

リンゴ村から三橋美智也

『リンゴ村から』は、1956年にリリースされ、売り上げ270万枚超えの大ヒットとなった三橋美智也の楽曲です。

同年に、同名のタイトルで映画化もされています。

村から出荷されるリンゴに、故郷の村を離れていった愛する人を重ね合わせ、会えない寂しさをかみしめる切ない気持ちが描かれています。

去る側にとっても残る側にとっても、やはり別れはつらいもの。

田舎を去っていった友人や恋人を見送った経験のある方なら、この気持ちがが手に取るようにわかるのではないでしょうか。

ゆり

花笠音頭三橋美智也

演歌歌手の三橋美智也さんが唄う「花笠音頭」です。

山形県山形市に伝わる民謡で、酒盛り唄として唄われてきました。

同じ地方の地固め唄「櫓胴搗き唄」が元になっていて、昭和13年頃に有海桃洀が手を加えて「花笠音頭」を作りました。

8月上旬に山形市で行われる花笠祭で、現在も唄い踊られています。

北海盆唄三橋美智也

小樽の盆踊り唄です。

ザ・ドリフターズの8時だよ全員集合のテーマソングですっかり馴染んでいたので民謡としてよりテレビの人気曲という感じでした。

しかし三橋さんのこの曲はミリオンセラーだったそうですからこの基盤あってのドリフのヒットともいえます。

達者でナ三橋美智也

昭和35年に発売された三橋美智也のミリオンセラー、『達者でな』。

こぶしをきかせた歌声と歌詞がいい感じですね。

バックの演奏もなつかしさを感じる曲です。

とてもインパクトの強い歌詞はいたってシンプル。

ぜひ長寿のお祝いに歌ってみてはどうでしょうか?

喜んでもらえることまちがいなしですよ。

Mayumi

十三の砂山三橋美智也

当楽曲の歴史は古く、江戸中期に制作され、元々は舟唄でしたが、津軽三味線界の巨匠、高橋竹山さんが演奏したことにより、現在の三味線アレンジが出来上がりました。

また、当楽曲は津軽三味線ではあまり弾かない半音が多く使われており、歌手で津軽三味線奏者の三橋美智也さんによる演奏も、現在の『十三の砂山』に貢献しています。

比較的簡単な楽曲なので、初心者、もしくは三味線を習いたい人はこの曲から練習するのもありです。

Kotaro

続きを読む
続きを読む