Ranking@RAG
音楽・アーティストランキング
menusearch

邦楽レゲエ人気ランキング【2019】

これまでに人気があった邦楽のレゲエソングをピックアップしました。

再生数の多かった曲を順番にランキング形式で紹介しています。

どのような曲が人気なのかこれを見て参考にしてみてください。

プレイリストも更新中です。

もくじ

ランキング 1位〜10位

1位|For Youlecca

女性レゲエ歌手です。

自身のラジオ番組を持つ北海道にて人気を獲得した後、2009年に発表したこの楽曲でブレイクしました。

この曲は、「大切な人への想い」というテーマに寄せられたメッセージをもとにメロディを作り、自身による詩を重ねた感動的な仕上がりになっています。

2位|「おまえに」ハジ→

レゲエ好きの若者に人気があります。

プロ野球選手にも人気があって、千葉ロッテマリーンズの清田育宏選手や、東北楽天ゴールデンイーグルスの福田将儀選手などがファンであったりします。

この曲はユーチューブで初配信した曲です。

3位|Reggae BusFire Ball

1997年に結成され、2002年よりメジャーデビューしたレゲエグループです。

この曲は、フェスに向かうアーティスト移動バスの雰囲気をイメージし、いろいろなアーティストが乗り込めることを意識して作られました。

そのため、多くの日本のメジャーなレゲエアーティストがフューチャーされています。

4位|飲め飲めパラダイスCHOP STICK

レゲエ界のとび道具。

チョップスティック。

もう全開なバイブスにのまれて吞んじゃいなと思いたくなるのんべぇチューン。

破壊力180パーセント!

皆の常識なんて軽く超えて行くでしょう。

のめのめブサイクって凄い

5位|Rude GyalAKANE

可愛いシングJ。

AKANE。

日本では少ない女性のDJスタイル。

DANCEHALLチューンでみんながのりのりにさせる仕上がりになっている。

ルードギャルとはお転婆なというニュアンスが近いかなと思います。

マグナムレコードいい仕事しています。

6位|Na,Na,Na,Na (STEP UP RIDDIM)NG HEAD

西の筆頭の異名を持つ大阪のレゲエDJです。

今となっては伝説のレゲエクルー「トキワ」のNo.1DJとして活躍し、ジャパニーズダンスホールシーンの新世代筆頭DJとして確固たる地位を築きました。

長い経歴の中で歌いこまれた力強い歌声、説得力のあるリリックで絶大な支持を集めています。

7位|One LoveHOME GROWN, lecca, Spinna B-ILL, RUEED, I-VAN

日本のレゲエバンドといえばと聴かれれば、誰しもがHOMEGROWNというんじゃないかというくらい有名です。

さまざまなレゲエアーティストとコラボしており、他アーティストへの楽曲提供やプロデュースも手掛けています。

この曲は、ジャマイカ人ギタリスト、アール・チナ・スミスによる同名の楽曲に由来するものです。

8位|SAMURAI卍LINE

日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を史上最年少で受賞した俳優「窪塚洋介」という顔を持つ一方、2006年からレゲエDJ「卍LINE」として活動をスタートさせました。

現場でのたたき上げから活動をスタートし、その姿勢から支持を広げつつあります。

独特のフロウから繰り出される巧妙で美しく遊び心に溢れるリリックが印象的です。

9位|そばに…BIG BEAR

BIG BEARさんを代表する曲の1つで、美しいリディムに乗せた純愛ラブソングです。

自分の人生の中で愛する人に出会い、かけがえのない存在になっている気持ちをまっすぐに描いた歌詞とハスキーで甘い歌声が心に染みわたる曲です。

10位|Still In Love導楽

切ない男の気持ちを歌うラブソングです。

恋愛がいつも仲良く、ハッピーエンドといく訳ではなく、別れが来て、会えなくなってしまうこともあります。

そんな時、今までの思い出を思い出してしまい切なくなる。

同感する歌詞です。

おすすめの記事あわせて読みたい