Ranking
素敵な音楽ランキング
search

【2024】緑黄色社会の人気曲ランキング。キャッチーで耳に残る名曲

高い歌唱力が魅力の長屋晴子さんがボーカルを務めるロックバンド、緑黄色社会。

これまでにCMや映画、ドラマと数々のタイアップを獲得してきましたので、彼女たちの楽曲を耳にしたことがある方も多いと思います。

彼女たちの楽曲はメロディラインのキャッチーさが魅力的です。

豊かな中低音とすっきりと伸びやかな高音が特徴の長屋さんの歌声が、そのメロディをさらに魅力的に彩っているんですよね。

この記事では彼女たちの楽曲を人気ランキングとしてまとめました。

聴けばハマる楽曲ばかりなので、ぜひこの機会にじっくりと味わってみてくださいね!

【2024】緑黄色社会の人気曲ランキング。キャッチーで耳に残る名曲

ずっとずっとずっと緑黄色社会

驚くほどにシンプルでありつつ、心地よいリズムを刻む16ビート。

緑黄色社会の『ずっとずっとずっと』は、そんな生き生きとしたビートが体を揺さぶります。

ボーカル長屋晴子さんの力強い歌声と、ギターの弾き語りが印象的で、リスナーの心に強く訴えかける応援ソングになっています。

アサヒスーパードライ ザ・クールのCMで聴くことができるこの曲は、人生のプラス面もマイナス面も受け入れながら、目標をかなえるために頑張るすべての人へのエールをおくっているのです。

RAG MUSIC 編集部

ピンクブルー緑黄色社会

緑黄色社会の通算4作目のアルバム『pink blue』収録楽曲で、アルバムのリリースは2023年5月。

今回ご紹介するこの楽曲『ピンク ブルー』は、同アルバムのタイトルトラックとなっており、アルバムリリースに先駆けてMVが公開されました。

この楽曲をカラオケで歌う上で重要なのは、激しく複雑に上下するボーカルメロディをどこまで正確にトレースできるかに加え、ハイトーンから低音までパワフルで張りのある発声で歌えるかどうかに集約されてくると思います。

ややアップテンポ気味な曲調と相まって、歌うためのハードルはかなり高い楽曲だと思いますが、歌に自信のおありの方には、ぜひチャレンジしていただきたい一曲です。

いかに効率よく息を声に変換できるか?が重要になってくると思いますので、そのあたりも研究した上で、くれぐれも喉を痛めないように練習してくださいね。

Kei Takahata

sabotage緑黄色社会

とにかく爽快感を味わいたい人にオススメしたいのが、カラフルな世界観が魅力のポップバンド、緑黄色社会の『sabotage』です。

ストリングスとバンドサウンドのハーモニーが美しい応援ソング。

こういった明るく爽やかな楽曲はスカッとした気持ちにさせてくれるものです。

そして「歌唱力オバケ」とも言われる長屋晴子さんのパワフルさがまた最高なんですよね!

そのとおりにはいかなくても、歌いきればきっと清々しい気持ちになれるはずです。

ラストのシャウトもぜひ挑戦してみてくださいね。

自分らしくいきたい!そんなあなたを後押ししてくれる1曲です!

KEI

LITMUS長屋晴子(緑黄色社会)

徐々に知名度を高め、幅広いリスナーから人気を集めているロックバンドの緑黄色社会。

『Mela!』がヒットしたことをキッカケに知ったという方も多いかもしれませんね。

そんな彼女たちの中でボーカルを務める長屋晴子さんの歌声は、ハキハキと伸びやかな高音域が印象的ですが、低音域のハスキーは響きがとても魅力的なんですよね!

もしかすると彼女の歌声にはハスキーなイメージを持たれていない方も多いかもれませんが、彼女のそうした味わい深い歌声は、音源よりも弾き語りやライブ音源などで聴けばいっそうしっかりと味わえると思います。

羽根佳祐

空に歌えば緑黄色社会

自分を追い込みたいときにぜひオススメしたいのがこちら。

『Mela!』などのヒット作で知られているポップロックバンド、緑黄色社会の『空に歌えば』です。

原曲はamazarashiによる楽曲で、動画はそのカバーバージョン。

ドラマチックな音像と長屋晴子さんのエネルギーに満ちあふれたボーカルワークがぴたりとハマっていて、気持ちが高まりません。

ところどころで登場する、タメからのキメフレーズがかっこいいですね!

荒木若干