Ranking
素敵な音楽ランキング
search

人気の夏ソング・夏歌ランキング【2024】

大好きな、さんさんと輝く太陽のような、夏をうたった曲の最新の人気ランキングです!

再生数の多かった曲を順番にランキング形式で紹介しています。

夏といえばどんなことが思い出されるのか?

プレイリストは随時更新されているので、楽しい夏を満喫してみてください。

人気の夏ソング・夏歌ランキング【2024】

スピッツ

夏の暑さにうかされたような浮遊感、神秘的な世界観が感じられるようなスピッツの楽曲です。

草野マサムネさんが打ち込みで遊ぶ中でできあがった曲だと語られており、そのエピソードが感じられる無機質に繰り返される音色が、独特の浮遊感を演出しています。

徐々に楽器が主張してくるような展開も注目のポイントで、夏に向けた気持ちが徐々に高まっていく様子が表現されているようにも感じられますね。

歌詞も風景を表現する言葉を中心に描かれており、夏のさわやかさを感じるやさしい風景と、そこにまつわる感情の動きという部分が描かれている印象です。

河童巻き

サマータイムレコードじん(自然の敵P)

『カゲロウプロジェクト』といわれる一連のメディアミックスプロジェクトでおなじみのじんさんによる1曲です。

アニメ『メカクシティアクターズ』の12話エンディングでもありました。

アニメ最終話のエンディングということで、作品の終わりも感じさせる切なさを含んだメロディーが印象的です。

河童巻き

セプテンバーさんRADWIMPS

8月が終わってもまだまだ暑い今日この頃、9月にピッタリの夏ソングだってあります。

RADWIMPSが2006年にリリースしたアルバム『RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』に収録されている『セプテンバーさん』もそんな1曲です。

バンドにとって大切な1曲なんだそうで、初めてワンマンライブを開催した9月3日にちなんでいるのだとか。

RADWIMPSらしいエモーショナルで切ないサウンドが心に響く夏ソングなんですよね。

濱田卓也

夏祭りWhiteberry

夏祭りの夜を舞台に青春の恋愛を描く『夏祭り』もオススメです。

こちらはWhiteberryが歌う楽曲。

実はロックバンド、JITTERIN’JINNの手掛けた同名曲のカバーなんですよ。

その歌詞は単に恋愛を描くだけでなく、青春時代が終わるさみしさを感じさせる、もしくは思い出すような内容に仕上がっています。

だからこそ、世代をこえて愛されているのではないでしょうか。

テンポはやや速めなので、歌えば自然とテンションも高まりそうです。

山本

BLUE BIRD浜崎あゆみ

数々の夏ソングをヒットさせてきた、歌手の浜崎あゆみさん。

彼女が2006年にリリースした『BLUE BIRD』は、夏のきらめくような海を連想させる明るいポップチューンです。

彼女の透き通るような歌声とキャッチーなメロディーは、聴いているだけでテンションが上がっちゃいますよね。

当時、ファッションやメイクでもカリスマ的な人気を集めていた、圧倒的なビジュアルの彼女が楽しめるMVも一見の価値アリですよ!

ユウキ