Ranking
素敵な音楽ランキング
search
ゆずの青春ソング・人気曲ランキング【2024】
最終更新:

ゆずの青春ソング・人気曲ランキング【2024】

ゆずといえば、なんとなく青春のようなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

学生時代にゆずにはまっていたという人や、そうではない人にも聴いてほしい青春ソングをまとめてみましたのでご紹介します。

ゆずの青春ソング・人気曲ランキング【2024】

栄光の架橋ゆず

ゆずの『栄光の架橋』は、さまざまな感情が交錯する部活引退のタイミングにこそ聴いてほしい楽曲です。

猛烈に励んだ日々、仲間との絆、そしてこれからの自分へのエールが詰まっています。

プレイリストに加えれば、勇気をもって次のステップへ進む後押しにもなるでしょう。

思い出深い部活動の終わりを飾るにふさわしい感動的で前向きな歌詞とメロディーが、貴重な時間を振り返る瞬間に青春の深い味わいを加えてくれます。

引退の日に、この曲で心に残る一コマを刻み込んでみてはいかがでしょうか。

RAG MUSIC 編集部

サヨナラバスゆず

1993年に発売されたゆずによるシングルの表題曲、8センチのいわゆる「短冊」といわれるCDで発売されたゆずの最後の作品ということにも懐かしさを感じますよね。

ハーモニカとアコギの音色が印象的に響くサウンドで、ゆずの王道ともいえる青春の切なさや爽やかさが伝わってきます。

ふたりの声の重なりも注目のポイントで、ハモりというよりかは同じ音程を重ねるような形で、楽しさや絆のようなものが感じられます。

別れのさみしさ、大切な人を見送る苦しみといった青春の甘酸っぱさが詰め込まれた楽曲ですね。

河童巻き

雨のち晴レルヤゆず

『雨のち晴レルヤ』は2013年にリリースされた、ゆずの39枚目のシングルです。

NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の主題歌に起用され、オリコンシングルチャートでは第3位にランクインしています。

『雨のち晴レルヤ』のメロディは、篠笛奏者の佐藤和哉さんの楽曲『さくら色のワルツ』を引用しているそうです。

予想もつかないタイミングで始まる恋を歌ったラブソングで、部活に打ち込みつつも恋をする高校生にもピッタリなんですよね。

濱田卓也

友 〜旅立ちの時〜ゆず

『栄光の架橋』をはじめとした数多くのヒット曲を持ち、ストリート出身のミュージシャンとしてパイオニア的存在と言われているフォークデュオ、ゆずの38作目のシングル曲。

2011年に発生した東日本大震災の後に、ツアーをまわるすべてのスタッフに向けて書かれた楽曲で、「第80回NHK全国学校音楽コンクール」において中学校の部課題曲としても編曲されたことでも知られています。

それぞれの新しい道を進んでいく友人に向けたメッセージは、卒業式という舞台においてその絆を再確認させてくれますよね。

決して消えることのない学生時代の思い出を胸に、新たな門出を祝福してくれる卒業ソングです。

星野貴史

友達の唄ゆず

ゆずの『友達の唄』はグリコのポッキーのCMソングにも起用されたステキな歌です。

なかなか会えなくなってしまった友だちのことを思い出し、懐かしみ「会いたいな」と回想する歌詞。

真っすぐに素直に、私たちの心に訴えかけてきます。

続きを読む
続きを読む